FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の方程式



地上波で放送したやつを今日観ました。
(昼間天気が悪くて家族全員することもなかったので)
面白かったです。

見所はもちろん
杏ちゃんの水着。



今はもう見られないだろうなぁ(遠い目



ゴホン。



それはさておき
上手く作ってあるなぁ、と。

ガリレオシリーズはドラマのほうが面白いと思っている俺ですが、
(言ってる割に対して読んでいるわけではない)

映画版は特に秀逸な気がする。

前作「容疑者Xの献身」も面白かったし。
(ただしこれは原作も面白かった)

なんだろう、
原作よりも湯川先生のパーフェクト超人ぶりが強調されていて、
だからこそ割り切れないものに対しての葛藤にカタルシスを感じるというか。

基本俺は極端に非論理的な、
つまり感情的な、
もう少しわかりやすく言うと文系的な思考タイプの人間なんで、
理系の人間、
つまり論理的思考を至高としているタイプの人間が
非論理的なもの、
つまりは人間の感情とかそう言った予測も予想もできないもの
に屈服する瞬間を見て、
カタルシスを得るという大層性格のねじ曲がった人間だということの証明にほかならないのです。

前作でも湯川は勝っていないし、
今回も勝てなかった。

それは
「心」「愛」
なんてものは
証明もできなけりゃ
論理的でもなんでもないということの証明でもあって。

つまりは、
「全体の内容よりも終わってみりゃ杏ちゃんの水着が一番のインパクトだよなぁ」
とか
「やっぱり吉高由里子よりも柴咲コウだよなぁ」
とか
そういったことも予測も予想もできないことの証明にほかならないわけです(ドヤァ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ontaikun

Author:ontaikun
直感と決断。
そして自信。
ついでに酩酊。

最新記事
Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Follow me on Twitter!

Powered by ついめ~じ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
bookmeter
ヒラノユウスケの最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。