FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本題



元々
「会話劇」
が好きで
物語シリーズ
を読み始めたのだけれど、

その根底にはまず自分が会話が大好きだったからってのがあって、

多分この人もフラットな立ち位置での
(お互いの「関係性」がまったく対等だと言う意味で)
対話
が大好きなんじゃないかと思ったから
だったんだった。

そういう意味では
まさに「俺得」
の一冊だったわけだ。

でもタイミングって奇なもんで、
今回「仕事論」としても非常に心に刺さるものがあった。

例えば彼らは「書くこと」
が好きで
それを仕事にしていて、

俺は「伝えること」
が好きで
それを仕事にしていて。

で、
共通して言えるのは
「答えなんかない」
ってことで。

日々自分が好きだと思っていることを
積み重ねて行くしかないってこと。

例えば始めから目標が決まっていたとして、
目標を達成しても人生は続く。

じゃあその次は?
そのまた次は?

ってなる。

だったらあまり先のことを考えずに、
見えない未来にワクワクしながら毎日進んだ方が良いんじゃないかってこと。

元々そんな気分でなんとなく社会に出てしまい、
年数を重ねるごとに
「行き当たりばったり過ぎる」
と色んな偉い人から叱られ、
ちょっと袋小路に迷い込み始めていた矢先、

改めて自分にとって仕事って何かを
思い出させてくれた。

とにかく
「自分がやっていて面白いと思ったこと」

毎日伝え続けていくしかないってこと。
それでいいんだってこと。
それしかできないんだってこと。

そんなことを改めて思い出させてくれた。



凄く大事な一冊になりそう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ontaikun

Author:ontaikun
直感と決断。
そして自信。
ついでに酩酊。

最新記事
Calendar
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Follow me on Twitter!

Powered by ついめ~じ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
bookmeter
ヒラノユウスケの最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。