FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海街diary





映画の宣伝からの
原作からの
昨日。



観てきました。



原作1巻の感想にも書いたのだけれど、

【以下そのまま引用】
海街とは良く言ったもので、
神奈川県は湘南地区に限らず、沿岸は山からすぐ海って地形が多くて、少し高いところに登ると海まで視界が開ける場所がたくさんある。
そこから見る景色と同様、まるで寄せては返す波のように、ふとした瞬間に心をギューっと摑まれる四姉妹の海街での日常生活。
多かれ少なかれ誰しも心にそれなりの事情は抱えていて、それでも何気なく何となく毎日が過ぎて行く。
それをある側面から見れば幸せと言うのだろうし、また別の側面から見れば退屈と言うのだろう。



映画の感想もまるままこの通り。

情景だけ描写するのなら、
様々事情はあれど(様々な事情のない家族なんてあるのかい?)
四姉妹の一年間。
大人だろうが子供だろうが四人もいりゃ
個人個人に抱えてるものはあって、
ぶつかり合ったりまとまったり。

何もしなくても季節は巡るし人は死ぬ。

それでも毎日は進んでいって、
時の流れに呑み込まれて薄まっていく。

でも寄せて返す波みたいに、
ふとした瞬間に色々思い出して

ギューッ

ってなるの、心が。

それがある人にとっては幸せであり前進なんだろうし、
またある人にとっては退屈だったり停滞だったりする。

そんな映画。



海が見える街に住んでいる人なら
必ず感情移入出来ると思う。
特に神奈川県民(沿岸部に限る)は観るべき。



キャストの話。

配役は完璧。

特に長澤まさみ最高。
前に書いた通り
ショートカットで口が大きくて笑うと目がなくなる女の子が好みのタイプなんだけど、
長澤まさみは最高水準でこれを体現してて何度か気絶しそうになった。
笑った時の目尻のシワがスーパーキュートな上に私服も喪服もエロ過ぎて何度か鼻血出そうになった。
友達でいいから一緒に家飲みして欲しい。
できるだけ無防備な格好でお願いします。
絶対何もしないから!
絶対何もしないから!
ね?
ね?
お願い!(錯乱



ゴホン。

すずちゃん。

この役やるために生まれてきたような娘。
なんか色々言われてるみたいですけど
要するに僻みでしょ?
可愛くて演技の上手い女優さんが調子に乗って何が悪い?
可愛いは正義だ。

もうね、
劇中の幸姉(綾瀬はるか)の台詞じゃないですけど、

「ずっとここに居ていいんだよ?」



脇を固める人たちも秀逸で、

特に
海猫食堂&山猫亭の
風吹ジュン

リリー・フランキー

あと
すずを除く三姉妹の実母役
大竹しのぶ

この3人は主役食うくらいの存在感。



昨今の漫画実写化ブームには個人的に思うところもあって、
そもそも原作が好きであればあるほど
自分の中にはっきり世界観が出来上がってしまってるわけなので、
何をやっても自分のイメージとは違うものになる。
特に漫画は、
その本来的な性質として視覚に訴えかけるものなので、
文字通り『原作と実写化後の作品は別物』
なわけです。

結果自分の好きな漫画の実写化ってほとんど観たことない。
でもこれは原作を先に読んでても違和感なく世界観に入り込める。

是枝監督が大層原作を大事にしている

っていうのが大きな要因のひとつではあると思いますが、
それを言うなら他の作品も監督がその原作を愛していないわけがない。

じゃなきゃ映像化なんてしないもんね?
オリジナル脚本より絶対リスク高いし。
(コスト的な部分ではむしろリスクは低いのか?)

じゃあなんでだろう?

って考えたら、



多分だけど、



地元だからだ。

どこを切り取っても
見たことのある風景。



どこを切っても
俺たちがいつも見ている風景。

だからこんなにも
まるで自分の経験のように感じることができる。



んだと思う。




まぁとにかく、
とても素敵な2時間ちょっとでした。



神奈川県民(沿岸部(ry)は観るべき。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ontaikun

Author:ontaikun
直感と決断。
そして自信。
ついでに酩酊。

最新記事
Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Follow me on Twitter!

Powered by ついめ~じ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
bookmeter
ヒラノユウスケの最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。